男の離婚準備

【男が離婚準備で有利になる!】結婚前に作った借金が発覚した場合は離婚出来る?

以前は、ある程度の家同士の男女が婚姻関係を結ぶ場合は、
興信所などに本人の素性や素行を調べていた時代もありました。

 

そのため、そういった一定の調査を行っていたレベルの結婚であれば、
結婚前に借金があるかどうかなど、興信所などの調査で発覚してしまったものです。

 

また、仲人を通しての結婚などの場合も、人の口に戸は立てられぬといように、
さまざまなことは隠そうと思っても隠せない場合が多かったのです。

 

ところが最近は、男女ともに特に双方の両親に紹介することもなく、
好きになって一緒に住んで、成年に達していればそのまま二人だけで婚姻関係を結んでしまうことが増えました。

 

それだけがすべての理由であるとはいいませんが、
双方の両親や、興信所、仲人などのセーフティーネットを通さず、
相手の本質がわからない内に婚姻関係を結んでしまった結果、
男女が簡単に離婚準備に入ってしまう一因でもあるようです。

 

結婚前に借金があるかどうかは、相手が自分に話でもしてくれない限り、
普通では分かりようも、調べようもありません。

 

分かっていれば、相手に精算させてから結婚に至るとか、何のための借金だったのかなど、
その理由や経緯などを考えながら婚姻関係を結ぶでしょうから、
離婚準備に入らざるを得ない人たちも減るのではないでしょうか。

 

各々のケースによって対処方法は違うものの、通常であれば結婚前の契約は、
離婚準備に関わりうる可能性が大きい問題だといえます。